HOME花まつり

津具花まつり

【日時】毎年1月2日 午後1時〜 1月3日 午前7時

【場所】白鳥神社舞庭

  • 花まつり飾り

花祭は鎌倉・室町時代に山伏や修験者によって天竜川水系に伝えられたとされる湯立て神楽で、津具をはじめ隣接の東栄町や豊根村で行なわれている。
津具では毎年1月2日の午後から白鳥神社の舞庭で30種類以上の舞や神事が夜を徹して行なわれる。 悪態祭ともいわれ、この日は観客も舞手に悪態をつくことが許されているので酒を飲み悪態をつき、 日頃のうっぷんを晴らしながら舞手と観客が一体となって盛り上がる。 まさに神人和合の雰囲気をかもし出す祭で、昭和51年に国の重要無形文化財に指定された。

役鬼

  • 榊鬼
  • 山見鬼
  • 茂吉鬼

舞い

サンプル画像

ばちの舞
宮人(みょうど)の長老が太鼓のばちを持ち笛の音に合わせて一人で舞う。

サンプル画像

式さんば
ばちの舞で持っていたばちを打ち手に渡し、太鼓と笛に合わせて宮人が扇と鈴を持って舞う。

サンプル画像

ひのねぎ
五色の「ひいな」を持って舞う、面形(おもてがた)の舞い。

サンプル画像

地固めの舞
「扇の舞」「八刀(やち)の舞」「剣(つるぎ)の舞」を舞子(まいこ)二人で舞う。 剣の舞は、白鳥神社神前において行われます。 八刀とは、木剣に五色紙の飾りをつけたもの。

サンプル画像

御神楽
宮人(みょうど)4人が扇と鈴を持って舞う。 願主から寄せられる祈願に応じて他の舞の合間にも奉納される。

サンプル画像

花の舞
子供が愛らしく舞う「花笠の舞」をはじめ、お盆を持って舞う「盆の舞」、御幣を持って舞う「ぼんでんの舞」と続く。 3人で舞う。

サンプル画像

市の舞
三つ舞の舞い手が扇と鈴を持ち、一人ずつ舞う。

サンプル画像

三つ舞
扇の舞、八刀(やち)の舞、剣の舞を3人で舞う。

サンプル画像

擂り粉木の舞
味噌をつけたすりこぎ、飯粒をつけた杓子、女郎の三人が登場し、観客に味噌や飯をつけてまわる。 願主から寄せられる祈願に応じて他の舞の合間にも奉納される。

サンプル画像

山見鬼
かつては釜に足をかけ鉞で割る所差であったが、現在は供鬼(白鬼)との入れ違いに舞が変化した。 白山を割って生命の再生をはかり、生まれ清まりの役割を持つ役鬼。やせ鬼(子鬼)も舞を披露。

サンプル画像

湯囃し
軽快なテンポで湯たぶさ(藁のタワシ)を持って舞い、釜の湯をあたりかまわず撒き散らします。 この湯を浴びると病にかからないといわれています。

サンプル画像

四つ舞
扇の舞、八刀の舞、剣の舞を四人で舞う。

サンプル画像

おきな
老人の面形の舞い。

サンプル画像

榊鬼
反閇を踏んで大地に新しい生命力を吹き込み、豊穣をもたらす役鬼。願主の祈願に応じて他の舞の合間にも奉納される。

サンプル画像

おかめ
妊婦の所作で滑稽に舞う。

サンプル画像

朝鬼
役鬼を除く鬼たちが一堂になって舞う。

サンプル画像

茂吉鬼
槌を持って舞い、湯釜にぶら下げられた「蜂の巣」を払う。蜂の巣の中の五色紙は縁起物。

サンプル画像

獅子舞
湯たぶさをくわえてま舞庭を舞い清める。

サンプル画像

しずめ
花祭りで最も重要な役とされ、天狗面がゆっくりとしたテンポで舞う。 これによって神々は心を鎮めそれぞれの御座に帰ってゆく。

サンプル画像

舞庭(まいど)
白鳥神社境内にある舞庭で津具花まつりが行われる。

花まつり会場マップ


より大きな地図で 津具花まつり会場 を表示

お問合せ

津具観光協会(津具商工会)

住所:〒441-2601 愛知県北設楽郡設楽町津具字下川原6-1
電話:0536-83-2114 FAX:0536-83-2335 MAIL: tsugu@aichiskr.or.jp


関係団体

津具観光協会 新城法人会津具ブロック 津具青色申告会 食品衛生協会津具分会

SIDE MENU

SIDE LINK

ホタル舞う天狗の里

愛知の奥座敷、奥三河設楽町の津具は、ブナの原生林が残る天狗棚をはじめ天狗の伝説が残り、また戦国期や昭和期には「金」が採掘され ゴールドラッシュに沸きましたが、今は、ホタルが舞う静かな里です。
このページのトップへ